生え際部分の薄毛に対して育毛効果のプロペシア

プロペシアは、アメリカで前立腺肥大を改善するために開発された後に、男性型脱毛症に対して頭髪を成長させる効果が確認されたことで、こちらの目的でも治療薬として承認される様になったという経緯をたどっています。具体的には、男性型脱毛症の原因物質DHTの生産にかかわっている還元酵素の活性を阻害するという作用があります。これにより、脱毛症の原因物質の生産量が減少するので、抜け毛も比例して少なくなります。

なお、男性型脱毛症は男性の薄毛の大部分を占めている症状で、AGAとも呼ばれるケースもあります。生え際から頭頂部の部分が薄毛となることが特徴です。これは、この部分の毛根にII型の5α還元酵素が分布していることで、毛母細胞の成長サイクルが狂わされてしまうからです。体内で生産されている物質が原因で進行するので、血行促進や栄養補給を目的とした育毛剤では改善することは出来ません。これは、育毛剤により発毛を促進したとしても脱毛症の原因物質が生産されているので、すぐに寿命を迎えて抜けてしまうからです。

なお、プロペシアは飲む育毛剤とも呼ばれていますが、実際には頭髪や毛根に対して作用するわけではありません。このために、男性型脱毛症以外の薄毛に対しては、育毛効果が発揮されることはなく、さらに未成年者が使用すると副作用が発生する危険があります。

これは、プロペシアが生産を抑制するDHTは、本来は男性生殖器の発育をサポートするという役割を担っている物質で、未成熟な段階で使用すると発育が阻害される危険があるからです。また、女性の場合は胎児の生殖器に悪影響が及ぶ危険があるので、妊娠中や妊娠の可能性がある場合は購入することも禁止されています。